MENU

消骨「骨じまい」について

お骨の存在は、古代より現在に至るまで故人とのかけがえのない繋がりであったことは否めません。お墓(御陵)という文化が2300年以上前に存在したのは歴史学者が証明しています。

そのもととなる古代の考え方は、霊魂と肉体は同じものに宿る、というものです。宗教によってはこの考えが未だ残っていますが、21世紀を迎えた現代社会では、お墓とは別の意味合いになっていると見受けられます。

「墓じまい」という言葉を近年耳にします。少子高齢化がその最も大きな理由でしょうが、お墓詣りに遠方まで出向く、また命日やお盆などにも遠方の子息たちには難しい問題になっています。また都心のお墓1.5坪の料金は、地方では3LDKのマンションの価格です。

もう新たにお墓を立てる意味がないどころかその必要性を感じられず、諦める人がほとんどです。

寺院等が経営する納骨堂を考えてみましょう。

「ところによりその管理期間は20年と言われています。そのあとは合同墓といわれる地下共同墓地に埋められます。個人的なことですが、私の父は15年前に納骨堂に入り、あと5年で地球上のごみとなってしまうのです。」 この部分ですが、「一緒に両親と同じ場所に行けると思っていた私が浅はかでした。」都心の大きなお寺でも、今は毎年3回の供養を致しますと言いながら、時間が来ればそのスペースは他の方に貸し出すのです。これだけだとまだいいですが、その以外は合祀墓に持ち込まれます。永代供養などというものはそもそも存在しないという覚悟で預けねばなりません。ご僧侶も「お寺自身」も永代ではないのですから。

また「行旅死亡人」という言葉があります。明治32年に制定されたいまだに残る法律用語です。これは現代の身寄りのない孤独死また失踪死にあたります。そのお骨は行政によって火葬したのち、公告の後、数年後に各地の寺院に送られ、供養という選ばれた言葉で合同埋葬されています。言葉を選ばずに言わせていただくと、それは遺骨を土中に埋めてあたかも供養を行っているという宗教法人の言い訳にすぎません。

昨年2019年の死者は全国で138万人です。この遺骨を墓地におさめる、または海洋散骨で美しい形で納めるのは不可能になってきています。東京では火葬場も1週間以上待たされています。

年間32,000人におよぶこの孤独死(行旅死亡人)をこのような形でしか求められないのかが一番の疑問でした。

誰も引き取り手のない家族のない方、また引き取りたくない家族もあります。

この命の最終形を、各地方行政の敷地内に保管なされていることをずっと不憫に思っていました。

これが誰にも迷惑をかけず、自然界に戻ればご本人様にとっても必然的に地球の大気中に戻れる最善の方法ではないでしょうか。

私たちは自然に戻せ、地球環境も海洋破壊も一切汚さないただ一つの方法にたどり着いたのではないかと思っています。

内部高熱をもって、決して燃焼ではないバイオ分解を行い、水蒸気(空気)となって自然に帰って頂く、そして二酸化炭素等の物質を一切発生させないという新たな思考で、地球環境をそして先祖の久遠の供養を執り行ってまいります。

Dソリューションズ
X
Shokotsu

Shokotsuプロジェクト>>

Dソリューションズ
X
CO2削除への取り組み

CO2削減への取り組み>>

Dソリューションズ
X
地球環境への取り組み

地球環境への取り組み>>

墓を持たないという考え

お墓は日本古来からの死者へのともらいであって、その功績に応じたお墓が立てられていました。何百年も経ってそのお墓をともらうということも、仁徳天皇陵の例を出さずともお分かりいただけると思います。

しかし近年に多いのはお墓を所有したくない人たちの話です。

御墓の後継者がいないという真実です。子供は必ず先祖の墓を守っていくという暗黙の了解がありました。

ただ今の時代にそれを求めるのは難しく、核家族であり、都市部に出ていく若者にその墓守を託すのは酷なことです。それで今起こっているのは墓じまいです。

先祖のお墓と供に生きてきた先人たちには理解の付かないことだと思うのですが、この先孫やその先の世代が、お墓を守っていけるのかは大きな課題です。

例えば鹿児島県に先祖のお墓があったとして、それを管理し、保っていける人がどれだけいるでしょうか。両親亡き後、東京や大阪で生活する若者に、それを押し付けることはもうすでにできない。その子やその孫にいたっては、お墓の存在さえ希薄になってきます。

お墓の革命は、すでに起こっているのです。

この狭い国土の日本にあって、お墓を作り続けるのは無理ですしましてや少子化や人口流出によってその構造は壊れ切っています。

今考えるべきこの21世紀22世紀の哀悼の形をD-Solutionsで完成させたいと考えます。

行旅死亡人、という言葉はご存じでしょうか
これは明治43年に制定された言葉で、今で言う、失踪者のような扱いです。

法律的にはまだこの言葉が使われています。

現時点でこの数は年間約32000人(2018年調べ)に及んでいます。

行政はこれを火葬する義務がいまだあるのですが、その後の処置に困っていると聞き及んでいます。

引き取り手が全く現れないケースがほとんどで、そのまま市町村が預かったままでありそれも限界にきている都市部行政もあると聞いています。 (NHKクローズアップ現代より)

かなり年代の経ったご遺体は家族が現れるわけもなく、そのまま無縁仏として地下埋葬をするそうです。ただこれは率直に言いますと廃棄しているにすぎません。

以前はそのようなご遺体を埋葬していた寺社もありましたが、それはもう不可能な数になってきています。

寺院自体が困窮化し、廃業するところが後を絶ちません。その時にその寺院に預けていた遺骨はどうなるのでしょう。

今は「墓じまい」という潮流が流れています。いかに寺院と離れてお墓の処理をして、残った遺骨をどのように扱うのか。

色々方法はあります。 海洋散骨、樹木葬、など人の目に着かないところに置き去るということです。

ただこれにも問題はあり、仮に10万体の遺骨が沖縄の海に流された時、サンゴに与える影響は尋常ではなく、ほとんどのサンゴが口に遺骨が入って死んでいくということを想定する学者は少なくありません。

あまりに美しい形とされる海洋散骨でもこの事態です。

元より葬儀場の火葬も、限りなく二酸化炭素を吐き出し、それがしょうがないとされているのも事実です。もっと言えば、ご遺骨の中にすら六価クロムなどのような危険な成分が隠れています。

私たちが目指すのは、遺骨の存在価値とそれを守り切れない現代社会への一石です。
生命はいまだ解明されていませんが、死亡されて火葬されてしまったそのご遺骨にそののちというものが残るとは考え難いことで、永遠の生命というものを信じない方でも、朽ち落ちた遺骨に何かの意味を感じるのかが理解しがたいところです。家族を思う心は常に心にあり、骨にはないのではないのではないかと感じています。

墓じまいとともに、骨じまいを行うという一見不届きに思う現象も、冷静に考えれば理解できると思います。 この日本の核家族と少子高齢化の中において誰が祖先のお墓を守っていくのかはご自身の胸に聞かれればおのずと答えは出るのではないでしょうか。

新たに開発したHTNC方式は、決して二酸化炭素を一切出すのでもなくダイオキシンなども一切発生させません。

現時点では身寄りのないご遺骨の昇華を目的に始めてまいりますが、これがSDG’s の中の二酸化炭素削減にはかなり貢献ができるわけです。

例えばゴミ問題であったりプラステック問題にも対応できるものと考えております。

私どものような零細企業ではなしえないものを、あらゆる諸企業と協調しこの歩みを進めていきたいと、切に願っております。